ブログ「ミミズの大家さん」

嬉しいお知らせです。今回から、新しいブログが一つ増えました。町を花壇で飾る活動をしている女性たちのブログです。花の写真も楽しみですね。

冬支度

藁帽子のハリネズミ

昨年花壇に霜よけの藁を敷いたときにハリネズミにも藁帽子をかぶせてあげました。
周りにはハボタンとクリサンセマムを植えました。
「可愛いいハリネズミさんね~」とおかあさんと男の子の二人ずれが通る鶴見川の花壇です。
冬には余り日があたらず時によっては10センチ位の霜が降ります。
今年は暖冬のせいか、ハリネズミの後ろのカレンソウも青々としています。
場所が傾斜地のため、もう少し暖かくなりましたら、作業がしやすいように足場の整備を始めるつもりです。

ミミズの大家さん

お世話をする花壇は昔、「あばれ川」と呼ばれた川沿いにある。大雨のたびに洪水を起こすことを、人は「川が開く」と呼んだ。今はコンクリートで護岸工事され水面はフェンスの下だ。水車があり、川と共にあった村の姿を思い浮かべることもない。流れが運んだ肥沃な土の花壇には、それはそれは太くて艶やかなミミズが暮らす。出会うたびに「お騒がせします、お世話になります」と挨拶し、そっと土をかけ、お帰りになるのを確かめてから草取りを再び始める。彼?はきっと、御先祖様からずっとここで暮らしているのだろう。そうに違いない。

#ミミズの大家さん
#あばれ川