第41回 鎮守の森見守り隊

第41回 鎮守の森見守り隊行程 
日時 :11月2日(土)午前10:00 集合
集合場所:JR総武線 幕張駅改札口

 11 月の「見守り隊」は、千葉市の幕張周辺の神社を巡りたいと思います。ご存じのように、幕張沖の干潟は、かつて潮干狩りの名所として親しまれていましたが、その後、大規模に埋め立てられ、現在では幕張メッセ等のビル景観が広がっています。しかし、かつての海岸線に近い JR 幕張駅周辺には、まだ往時の街並みが残され、「房総往還」と呼ばれた頃の面影を偲ぶこともできます。
 JR 幕張駅に集合し、旧道を歩きながら、甘藷栽培の青木昆陽由来の昆陽神社、子守(こまもり)神社、堂の山周辺を巡り、昼食(サイゼリア?)の後、北側の三代王神社まで歩きます。時間と体力に余裕があれば、京成
幕張駅に戻り、電車で隣の検見川駅に移動して検見川神社を見たいと思います。解散は、幕張駅か検見川駅で、3 時か 4 時頃になると思います。
 一帯は、地形的には、花見川沿いの沖積地と島状台地からなり、汀線付近には砂浜が広がっていました。堂の山周辺では、ヤブツバキやヤブニッケイ、タブノキが優占する海岸近くの森の姿を、また、やや内陸に位置する三代王神社では、タブノキとともにスダジイが多い、成熟した森の姿を観察できます。

  1. 昆陽神社・秋葉神社:小山状の台地上にあったが、台地は削られ、道路拡幅のため移転。
  2. 子守神社:建久四年(1194)に創建の幕張地区総鎮守。永正五年(1508)に現在地に移転。
  3. 金毘羅神社・第六天神社?:社殿はすでに無い。
  4.  堂の山(大須賀山):名は大日堂があったことに由来。本来は海岸線のすぐ上に位置した。
  5. 名称不明社:堂の山の北斜面にある名称不明の小さな二社。
  6. 三代王神社:台地の縁に立地。中臣氏之遠祖の天種子命(アメノタネノミコト)を祀る。
  7. 検見川神社(八坂神社):三柱の神を祀る。近隣漁民、農民の信仰を集めた。

第40回 鎮守の森見守り隊ご報告〔令和元年10月5日〕

 10月5日(土)午前10時、武蔵野国鎮守の森見守り隊は、木村隊長以下12名、JR宇都宮線・東武伊勢崎線「久喜駅」改札口で集合しました。今回は、土浦から菅野氏の久しぶりの参加があり、男性4名女性8名。女性が多いのはいつもどおりですね。

 今回訪ねた鷲宮神社は埼玉県北部に鎮座する古社で、由緒書には崇神天皇から景行天皇、もちろん日本武尊、桓武天皇、征夷大将軍坂上田村麿の名前まで並び圧巻です。中世以降にも錚々たる名高い武将が幣帛を捧げたり社殿の造営などをしていて、さらに維新後には准勅祭社として明治天皇が行幸され、昭和天皇も幣帛を奉納したとありますから、これはもうたいした神社で、今まで知らなかったのが申し訳ないほどです。神社の風格も尋常ではありませんでした。

 広い鎮守の森に点在する数多くの境内社を巡拝しつつ、我々は社叢学会会員らしく、モチノキの実を子細に眺めたり足元のミョウガの花まで手に取り、意義深く散策したのでした。境内には早めの七五三を祝う子供たちの可愛い姿もあり、アニメファンが聖地に奉納した絵馬もたくさんありました。最後になりましたが、この古社には「土師一流催馬楽神楽」という国指定重要無形民俗文化財が伝わっているんですって。拝観したいですね。

 写真は、郷土資料館にて。12名には足りませんが、ご容赦を。

見守り活動のまとめは、社叢学会のホームページの中で報告されています。 http://shasoumimamori.exblog.jp/

 

#古社
#鎮守の森見守り隊
#武蔵野国

第40回 鎮守の森見守り隊

第40回 鎮守の森見守り隊行程 
日時 :10月5日(土)午前10:00 集合
集合場所:JR宇都宮線、東武伊勢崎線久喜駅改札口

 今回訪ねる鷺宮神社は埼玉のやや北部にあり、武蔵国造の遠祖を祀る出雲族の草創に関わる関東最古の神社として日本武尊の造営、関東の鎮護に当たる総社ということです。平安後期から太田氏に関わりを持ち、鎌倉時代には幕府の注目するところの神社となり、多くの武将の参拝庇護を受けております。
 現在は「アニメの聖地巡礼」(アニメ:「らき☆すた」)の一つとして若人の注目を集めている神社ですが、新感覚で神社を観てみるのも面白いと思います。

※少々遠いので集合時間を遅らせました!
※昼食は途中の食堂でいただきます!

鷺宮神社 久喜市鷲宮1 − 6-1
境内社多数あり:久伊豆社、姫宮神社、八幡神社、鹿島神社、稲荷社、
神明社、諏訪社、八坂社、粟島神社、神崎神社、
軍神社・日枝神社・御室神社・胸肩神社・竈殿神社
浅間神社・稲荷神社・庫裡神社・式内神社・衛神社合殿

第39回 鎮守の森見守り隊 ご報告〔令和元年9月7日〕

 7月は雨模様で中止、8月は例年どおり実施せず、ということで39回目の見守り隊は9月7日になりました。参加者9名。見守ったのは7月に予定していた奥多摩町の2神社でした。
 立川で乗り換えた青梅線というのは、メッタに乗ったことのないはずの路線なのですが、鳩ノ巣、奥多摩湖…、なぜか私の耳に懐かしく響く…、思い出した!小学校の時、遠足で来たところだ!(これは梅田の記憶です)

 最初の「奥氷川神社」は奥多摩駅のすぐそばに鎮座しています。降りると、ご神木の三本杉が目の前に。この駅は以前「氷川」という名だったそうで、「奥多摩駅」などという平凡な名よりずっと良かったのに(これも梅田の個人的意見です)。

 奥氷川神社のご神木「氷川の三本杉」は、根元から3メートルぐらいで三本に分かれ、後はそれぞれ天に向かってすっくと立っています。東京で一番高い木なんですって。

 次に訪れた「武州御嶽神社」は歴史もあり、近隣では有名な神社です。宝物館には国宝が2点、重要文化財も数点あり、最近のブームで国宝の「赤糸縅鎧」を見に来る人も多いとか。宝物館の前には、馬に乗った畠山重忠さんの銅像が。畠山氏は秩父氏の一族だから、馬で走れば秩父はここのご近所さんなんですね。

 本殿の前では、お犬さま(オオカミ)が神様を守っていました。ブクブク太った狛犬より、精悍なお犬さまのほうがステキ(これも梅田の好みによる)。参道にそびえる驚くほどの大木・ご神木の神代ケヤキ、山頂から見た下界の絶景、健気に咲くレンゲショウマの群れ、どれもよかったですねえ。やっぱり見守り隊は楽しいな。

見守り活動のまとめは、社叢学会のホームページの中で報告されています。
http://shasoumimamori.exblog.jp/

 

#鎮守の森
#見守り隊
#奥多摩

第39回 鎮守の森見守り隊

 

第39回 鎮守の森見守り隊行程 
日時 :9月7日(土)午前9:30 集合
集合場所:JR立川駅青梅線プラットホーム最後尾

 7 月は雨模様に阻まれ、延期となってしまいましたが9 月にリベンジをと同じところを提案いたします。少々遠いのですが奥多摩町の 2 神社を巡ります。「奥氷川神社」は奥多摩駅の付近にあるのですが、一宮から遠く離れた山奥の氷川神社です。元々駅名は「氷川駅」でしたので隠れた歴史を感じます。「武州御嶽神社」は有名な所なので足を運ばれた方も多いのではないでしょうか。三峯神社ともにオオカミ信仰説もあるところです。

行程:
立川駅発9:35ー(青梅駅乗り換え)ー奥多摩駅着10:52
「奥氷川神社」見学
奥多摩駅発11:33ー御嶽駅着11:49
付近で昼食
御嶽駅ケーブル下行きバス発12:46ー御嶽山ケーブルで山頂駅
「御嶽神社」まで片道25分(周囲見学に90分予定)

※その後随時下山!解散はJR御嶽駅4:00ごろです!
※ まだまだ暑さが予想されます。体調と良く相談されてご参加ください。
※ あまり歩きませんが、熱中症には十分のご注意と対策をお願いいたします!
※ J R 利用の方は「休日おでかけパス」というとくとく切符があります。ご検討を・・。

第38回 鎮守の森見守り隊 ご報告 〔令和元年6月1日〕

 令和となってちょうどひと月。気持ちも新たに見守りに行った鎮守の森は、4月に行った埼玉県狭山市の南東側で、より入間川に近い地域に鎮座されている神社群でした。
 木村隊長によれば、「今回は武蔵国のど真ん中です。埼玉県入間市の入間川右岸の台地上の神社群ですが、熊野系、愛宕系、稲荷系、氷川系と昔、この地に住み着いた人々がどのような想いで、こうした神々を勧請し祀ったのか想像を巡らすのも楽しいのではないでしょうか」とのこと。
 6月1日10時に、西武池袋線「武蔵藤沢」駅に集合したのは13人。男性4人と女性9名と、いつもどおり女性が多いわが見守り隊です。見守りたいというのは女性の本能なのでしょうね。
 見守った神社は、①ご神木の大杉がそびえる熊野神社(埼玉県入間市下藤沢)

②古いキツネ塚の久保稲荷神社(入間市久保稲荷)
③昇竜の松が威容を誇る東愛宕神社(入間市東町4丁目)

④埼玉県ふるさとの森に指定された愛宕神社(入間市豊岡3丁目)


⑤狭いながらも川沿いの境内に大木が多い氷川神社(入間市高倉4丁目)

の5社でした。

第38回 鎮守の森見守り隊

第38回 鎮守の森見守り隊行程
日時 :6月1日(土)午前10:00 集合
集合場所:西武池袋線武蔵藤沢駅改札口 

 梅雨入り間近の 6 月の見守り隊ですが、元気に武蔵国のど真ん中を回りたいと提案いたします。
 埼玉県入間市の入間川右岸の台地上の神社群ですが、熊野系、愛宕系、稲荷系、氷川系と昔、当地に住み着いた人々がどのような想いで勧請した神々を祀ったのか想像を巡らすのも楽しいのではないでしょうか。解散は入間市駅で3:00にと予定しております。

※少々遠いので集合時間を遅らせました!
※昼食は途中の食堂でいただきます!
※暑さが予想されます。体調と良く相談されてご参加ください。
※熱中症には十分のご注意と対策をお願いいたします!

①熊野神社  埼玉県入間市下藤沢800 − 1
②久保稲荷神社  埼玉県入間市久保稲荷4丁目3 − 23
③東愛宕神社  埼玉県入間市東町4丁目3 − 39 − 1
④愛宕神社  埼玉県入間市豊岡3丁目7 − 32
⑤氷川神社  埼玉県入間市高倉4丁目4 − 7

第37回 鎮守の森見守り隊 ご報告

 令和に入って、私たちが最初に見守った鎮守の森は、下総隊の案内による新緑の市川地区でした。江戸川河口に発達したこの地域は、街中にクロマツが多く残されていることで有名です。
 コースは、JR本八幡駅(集合)→① 八幡の藪知らず(市川市八幡2-8)→ ② 葛飾八幡神社(市川市八幡4-2-1:下総國総鎮守、県社 国天-千本イチョウ)→ ③ 白幡天神社(市川市菅野1-15-2、市保存樹-大椋、社額-勝海舟 揮毫)→ ④ 諏訪神社(市川市平田2-23-12、クロマツ)→ ⑤ 胡録神社(市川市新田1-3-1、参道-クロマツ)→ ⑥ 春日神社(市川市新田1-3-1、クロマツ-根上)
 

写真は諏訪神社で。海岸に近いのでクロマツの大径木がドンドンと生えていました。

見守り活動のまとめは、社叢学会のホームページの中で報告されています。
http://shasoumimamori.exblog.jp/

第37回 鎮守の森見守り隊

第37回 鎮守の森見守り隊行程
日時 5月11日(土)午前10:00 集合
集合場所:JR総武線本八幡北口

 令和に入り最初の見守り隊は、下総隊が新緑の市川地区をご案内いたします。江戸川河口に発達した市川砂州の上に鎮守する六社について、新緑を楽しみながら散策する楽しい一日を企画いたしました。この地域は、街中にクロマツが多く残されていることで有名です。クロマツは砂州上の本来の植生でもありますが、この地域では、かつて、梨園の防風林として、多く植栽もされていました。また、八幡の藪知らずは、「足を踏み入れると二度と出てこられなくなる」という神隠しの伝承とともに有名な禁足地です。

※ 少雨決行、荒天中止(中止については事前お知らせいたします(前夜の天気予報参照)
※ 昼食は「レストラン さと」を予定してます。 解散は14:30頃「JR総武線市川駅」を予定しています。

① 八幡の藪知らず  市川市八幡2-8
② 葛飾八幡神社  市川市八幡4-2-1 下総國総鎮守(県社 国天-千本イチョウ
③ 白幡天神社  市川市菅野1-15-2 市保存樹-大椋 社額-勝海舟 揮毫
④ 諏訪神社  市川市平田2-23-12 クロマツ
⑤ 胡録神社  市川市新田1-3-1 参道-クロマツ
⑥ 春日神社  市川市新田1-3-1 クロマツ-根上

第36回 鎮守の森見守り隊 ご報告

 日本全国が桜の話題でもちきりだった4月6日の土曜日、西武新宿線入曽駅で集合した15名。わが見守り隊のゆる~い団結力はさすがですね。
 今回は、木村隊長と神川社叢インストラクターのほかに、千葉隊から原正利社叢学会理事と有田樹木医という力強い教授陣を得て、教わることも多く、隊員は大喜び。入曽駅で会った土地の古老による話が聞けたのもよかったです。古老も女性に囲まれて嬉しそうだったし。
 コースは、入曽駅(集合)→①入間野神社(狭山市南入曽)→②七曲井戸(狭山市北入曽)→③野々宮神社(〃)→④堀兼神社(狭山市堀兼)→⑤堀兼の井戸(〃)→入曽駅(解散)。神社としては3社でしたが、新緑の木々と色鮮やかな花々が咲き乱れるなか、けっこうな距離を歩きました。

 神社の社叢については、まとめをご覧いただくとして、ここでは「まいまいず井戸」をご紹介しましょう。まいまいず井戸とは、かつて武蔵野台地で多くみられた井戸の構造だそうです。地表がもろい武蔵野台地ではまっすぐ下に堀れませんから、まず地表面を斜めにすり鉢状に掘り進め、底の部分に垂直に井戸を掘り、水を得ました。その形がカタツムリ(まいまい)に似ていることからそう呼ばれました。ここ北入曽の常泉寺観音堂境内にある井戸の正式名は「七曲井」と呼ばれていて、残っている井戸としては大型だそうです。

見守り活動のまとめは、社叢学会のホームページの中で報告されています。http://shasoumimamori.exblog.jp/